成長曲線ってなに?

子供が低身長かもしれない、と思って色々調べ始めるとよく出てくる単語が<成長曲線>です。おそらく正常な成長過程で育ってきた大人には、耳慣れない言葉でしょう。実はこれ、赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時にもらう<母子手帳>にもあるグラフなのです。生まれた時の記録や何ヶ月健診の記録などはちゃんと記載しても、わりとスルーしてしまうページですが、子供が健やかに正常に成長しているかどうかということを確認するのには一番手っ取り早いページなのです。

 

成長曲線に描かれているグラフの意味は?

母子手帳にも載っている成長曲線。この曲線の帯の意味は、子供の発育の目安になります。あくまで大まかな目安で、厚生労働省が10年毎に乳幼児の身体発育調査をして作成しています。曲線と曲線の間の帯には、各月齢の94%の子供の値が入るといいます。となると、帯の外の値の子供が即異常とは言わなくても、標準でないかもということが分かります。

注意したいところは、この横断的データはある年の子どもたちのデータ値をつなげたもので、1人の人間の成長を描いたものではありません。各年齢で子供の体重身長が全体のどのあたりにいるのか、という目安なのです。

 

成長曲線の曲線カーブ

成長曲線の帯の中に子供の身長体重が入っていると親としては安心します。逆にギリギリの線だったりすると不安に思いますよね。しかし、成長曲線は帯の外だから中だから正常異常という判断ではなく、その子供なりの発育を見ていくことが大切なのです。

例えば、一番身長が低い-2SDという曲線上になってしまうと、我が子が低身長症なのではと異常を疑ってしまいます。しかしその時点では背は低いかもしれませんが、低身長症という判断にはなりません。低身長症の疑いが濃くなるのは、その曲線に沿って成長せず、だんだんと離れていく傾向にある時です。育ち盛りの子供は、緩やかなりにも身長は伸びていきますから、縮むことはないにしても伸びが停滞した時点で曲線から離れていくことになります。成長曲線は子どもの身長体重と共に「点」ではなく「線」で見ていくのです。

 

成長曲線のグラフとは

成長曲線とは、5本の曲線が描かれたグラフです。標準偏差SDスコア法で、平均値からどのくらい離れているかの目安になります。平均が0SD、ここからプラスになるかマイナスになるかで帯ができてきます。プラスは+1SD、その上が+2SDとなります。マイナスは平均の下が-1SDで、その下が-2SDです。+2SD以上を高身長、-2SD以下を低身長といいます。グラフは年齢や性別でも見るところが違います。子供の性別と何歳何ヶ月かを確認して記入しましょう。

低身長症かもしれないと思った場合、この成長曲線に記入したグラフは医師の判断に大切なデータとなります。母子手帳と共に必ず持参しましょう。

 

早期発見に繋がる最初の一歩

子供がお腹に居る時に交付される母子手帳、このページにある成長曲線が低身長をいち早く見つける最初の一歩になってくれます。出産時の身長体重や出産時にトラブルがなかったかなどから、何ヶ月健診などの健診の記録まで子供の身体の記録の宝庫です。我が子に病気など疑うことがなくても、成長の記録の一つとしてグラフに記入していくことで、思いがけず低身長を早期発見できることがあります。よく「高校生ぐらいになってから急に伸びる子供もいるから大丈夫よ」などと言う方も周囲にいたりしますが、本当に高校生になってから低身長症に気がついても遅く、治療効果はほぼ望めないでしょう。このグラフで曲線から外れることがあれば、その時点で医師に相談する事で成長ホルモン投与などの治療が有効になり、本当に標準に近い身長を手に入れられる可能性が高くなるのです。