子供の肥満も原因になる?

子供の身長が低いかもしれない、と思ったら一番初めにやることが栄養を摂ることを考えるでしょう。とにかくたくさん食べて、大きくなって欲しいというのが親の心情です。確かに栄養は成長の大切なポイントですね。さて、本当に子供は太っているくらいが元気な証拠なのでしょうか。よく食べてよく太ることが健康に身長を伸ばしていくことに繋がるのでしょうか。

 

肥満とはどれくらい太っていると肥満か?

最近は太っていると思い込んで一生懸命痩せようとしている子供がいます。逆に、充分過ぎるほど太ってしまったのに「子供はポッチャリ体型が普通」と思い込み、子供がもっと食べないと不安に思う親もいます。

では健康にも身長の伸びが悪くなる原因にもなる「肥満」とは、どれくらい太った状態をいうのでしょうか。客観的に数値で表してみましょう。肥満度といって、標準体重に対して実測体重が何パーセントオーバーしているかということを計算するものです。

肥満度=(実測体重-標準体重) / 標準体重×100 (%)

この結果の数字は、幼児・小学生では評価が違います。幼時の場合は、肥満度15%以上は太り気味で、20%以上やや太りすぎ、30%は太りすぎです。小学生だと肥満度30%で中程度肥満、50%以上で高度の肥満になります。

この肥満度も大切ですが、この肥満度がいつからどのくらい始って続いているかというのもポイントになります。成長曲線に身長と共に記録しておくと、後々便利です。

 

なぜ肥満になるのか

単純性肥満といって、摂取したエネルギーが消費エネルギーを上回っているために、消費しきれなかったエネルギーが蓄積されてしまったものです。食事やオヤツなどを過剰に摂ってしまったり、運動不足で消費し切れなかったりということで起こるのが一般的です。食生活が欧米化していき、ジャンクフードなども子供がよく口にするようになりました。脂肪過多ではあるのですが、食が細いとどうしても好きなものを中心に与えがちになります。一方、交通機関が車や電車など歩く機会が少なくなり、学校や塾なども親の車で送迎というエネルギーを消費しない生活が定着している傾向もあります。

もう一つは肥満の中に病気が隠れている場合です。これを症候性肥満といいます。その際は身長の伸びが悪くなります。

 

肥満だと身長が伸びないのか

肥満とまでいかなくても、太っている傾向があると身体は早くに「大人として成熟した」と判断しがちで、早くに思春期の支度を始めます。女子で太めの傾向があると初潮が早くくるのと同じです。太っていると大柄に見られがちですが、早くに思春期を迎えて身長のラストスパートを迎えてしまうと、結果的に周囲より身長が低いという結果を得てしまいます。

「太っている傾向」くらいであれば、まだ身長を伸ばす努力をし続けるチャンスがあります。しかし本当に肥満になってしまうと合併症を伴い、身長の問題よりも深刻な命の問題や将来の健康の問題に発展してしまいます。生活習慣病と呼ばれる2型糖尿病・脂質異常症・高血圧などが考えられ、それは子供の将来動脈硬化や心筋梗塞・脳卒中を起こす起因になるかもしれないのです。

肥満であると大人でもそうですが膝や腰にも負担がかかり、運動もしづらくなります。長い期間続くと生活習慣や体格も形成されて、標準に戻す事が難しくなります。成長曲線を記入しておいた方がよいというのはこういった時で、医療機関に相談しやすくなります。