親の身長は遺伝上重要なのか

両親の身長が低いと「やっぱり遺伝かな?」と思うところがあるでしょう。確かに遺伝的な要素は身長のみならず色んなところに影響はあります。全てが両親のどちらかの特徴を捉えているわけではなく、優性遺伝劣性遺伝が特徴的に現れたり、または隔世遺伝のように祖父母のなどの遺伝特徴が出てきたりもします。しかし、一般的に栄養状態も良くなった現代では、父母の身長を超える子供が多いですから「このペースでいくと親の身長を越しそうにない」と思ったら、遺伝以外の要素も考えるべきかもしれません。

 

遺伝的要素はどのくらいなのか?

遺伝は先祖から培われてきた要素で、より良く生きていくために改善しながらも今の私たちを形作っているものであります。では、食生活に気をつけて、睡眠や運動なども気をつけて努力しても遺伝には勝てずに身長は伸びないのか、というとそうではありません。生き物は生き抜くために、遺伝の壁を努力して越えていくことができるのです。俳優の阿倍寛さんは身長が高い方ですね。でも阿倍さんのご両親の身長は160cm程度ということですから、遺伝が全くの身体の支配をしているわけではありません。現代、身長に与える遺伝の影響は約25%と言われています。身長が伸びていく要素に半分にも全く満たないのです。

しかし逆に、身長が低い両親でも伸びる可能性があるのと同時に、両親が身長が高くても栄養不良で夜更かしばかりしていると身長が伸び悩んでしまうという可能性があるということになります。遺伝以外の要素でプラスもマイナスも有り得るのですね。

 

親の遺伝からの身長計算式

親の遺伝は全く関係がないとは言い切れないのであれば、親の身長から割り出す予測身長というものがあります。少なくともそこを目指して超える努力をしていきたいものですね。漠然と学校などからもらうプリントに記された平均身長よりは、現実的かと思います。

男子の場合は、予測身長={父親の身長+(母親の身長+13)}÷2で、女子の場合は、予測身長={(父親の身長-13)+母親の身長}÷2 となります。

 

予測身長よりも低い見通しならば・・・

計算した予測身長よりも低い場合、まずは生活習慣を一つひとつ見直していきましょう。三大要素である栄養・運動・睡眠は必ず要チェックです。同じDNAを持つ双子でも、生活環境が異なると成長の結果が異なるといいますから、その三大要素の上にストレスなども加味したいところですね。栄養などもお腹がいっぱいであれば良いというわけではなく、バランスや質が大切です。身長が高いというイメージが濃いアメリカ人でも、ジャンクフードを取りすぎると身長が低い傾向があるといいます。逆に幼い時から栄養管理を徹底しているオランダなどは身長が高い傾向があります。

遺伝的要素よりも、身長が低い場合は生活習慣やどれだけ効率よく成長ホルモンが分泌されているかという点を気にしていきたいですね。