体質性低身長とは

「身長が低い」「身長の伸びがよくない」ということについて、原因や将来的なことは色々です。「いつかは伸びる」という楽観は良いとはいえませんが、必ずしも病気などが隠れているとも限りません。これを『体質性低身長』という場合があります

 

身長が伸びない体質なのか?

身長が伸びの要因として栄養・成長ホルモン・性ホルモン等があります。乳幼児期には胎児期の成長の影響を受けるものの、その後は思春期に至るまで成長ホルモンが大活躍します。そこに栄養を与え、健やかな成長を促すのです。その後身体は成熟していき最終身長に達します。体質性低身長というのは、この身長が伸びていく段階で必要なこれらの要因が標準より少なく、そのために身長や発育が悪いことを言います。

特徴は心臓や腎臓などの内臓疾患のために身長が伸びない、というものではないこと。脳下垂体や甲状腺に腫瘍や疾患があるわけでもなく、虐待などによる極度の栄養失調などでもないということです。つまり、これといって目立った原因がないのです。

 

体質性低身長でも成長ホルモンを投与すれば伸びる?

一般的に成長ホルモンを投与すれば身長が伸びると思われています。もちろんそれだけでは人間の身長は伸びず、栄養や運動や睡眠など総合的なものが必須です。しかし確かに成長ホルモンが足りていないというのは、身長が伸びるということには致命的なこと。そこで、成長ホルモンをとりあえず先に投与しておけば・・・と思うわけです。

ところが、この成長ホルモンを投与するということは容易ではありません。風邪薬などと違って病院へ行けばすぐにもらえるものではないからです。現在の日本では成長ホルモンは注射で毎日投与しますが、その薬剤はかなり高価で小児特定疾患などの認定と支援が必要です。この認定を受けるためには著しく成長に支障があると認められ、成長ホルモン投与が必要という検査結果が必要なのです。この検査は入院して点滴をしながら身体に負荷をかけて成長ホルモン分泌を測るなどしますが、ここまでしても投与認定の数字に満たなければ成長ホルモン注射は手に入りません。

つまり、明らかに病的ではない体質性低身長では成長ホルモンは投与する望みが薄いということになります。

 

病気が隠れていることも考慮する

両親の背が低ければ、子供はそれほど高身長にはならない遺伝的なものがあります。もちろん遺伝は両親に限らないので、隔世遺伝も考慮してみたいところです。が、危険な部分は「きっと体質性低身長とか遺伝だろう」という自己判断です。幼い頃は身長の差がそれほどではなかったところが、周囲が伸び盛りを迎えるとグングンと身長差は大きくなっていきます。そこに至る前に「本当に体質性なのか?病気ではないのか?」というところを見極めて、治療をするのか、自宅で可能な限りの身長を伸ばす努力をしていくかを決めていきたいところなのです。治療をするならできる限り早いほうがよいからです。

母子手帳に成長曲線がありますが、実際の低身長を判断するグラフはまた別にあります。とりあえずマメに身長や体重を測り記録していく事が大切です。病院に行く際には、このデータが必要になります。本当に体質性低身長なのか、医師の判断を仰いでみましょう。