筋トレはして良いのか悪いのか

身長を伸ばすには、食事・睡眠・運動が大切とあるのに、筋トレはNGなの?という疑問が湧きます。身長を伸ばそうというのに筋トレはNGというのは、今は俗説で科学的根拠がないとも言われています。ところが、実は全くのNGではないものの、全くの俗説とも言い切れないところなのです。さて、筋トレはOK?NG?

 

小学生クラスの運動の目的

筋トレがOKかNGかという前に、小学生程度の運動の目的を考えてみましょう。昔の子供は家にいてもオモチャなども少なく、ゲームもありませんでしたから、外で友達と遊ぶのが常でした。太陽の下で日が落ちる頃まで走り回っている、これが本来の子供の姿かもしれません。現代の子供は、家の外では不審者などがいたりすると怖いので、大人がつきそったり、家でゲームをしたりという生活でしょう。もしくは、小学校から帰宅すると即塾や習い事に行くという子供も珍しくありません。でも、これではちょっと運動不足といえます。一方、小学生でも中高生の部活なみのハードは練習にあけくれることもあります。スポーツ少年団などのチームに所属していると、そういったこともあるでしょう。スポーツをしているとどうしても足腰の安定なども必要なので、ダンベルなども使用して筋トレしたりもします。でもそれでは、ちょっと身長的には問題があるのでしょう、

 

運動も筋トレも程度による

実は筋トレは、身体を大きくし背を伸ばすといった目的では大いに効果を発揮します。筋トレを行うことで、成長ホルモンの一種のホルモン分泌が盛んになり、骨を刺激して身長が伸びるのです。「では筋トレはどんどんやった方がよいのでは?」と思いますよね。しかしこれは程度によるのです。小学生中学生がするような常識的な範囲の筋トレならば、骨などに負荷をかけず、身体に悪影響を及ぼすことがありません。夜も心地よい疲れと共に眠れることでしょう。骨の発達に助ける縦方向圧力ができる、縄跳びやバスケットボールやバレーボールなどは有効ですね。もちろん、全日本などで活躍している選手は、最初から背が大きかったりするので、そこまでになるという見本にはなりませんが。

ところが、最近では小学生でも我が子の才能を開花させようと、色々なスポーツチームに入ったり、過度の筋トレをさせることがあります。骨の発達に悪影響な、過度に骨に圧力がかかるようなダンベルやバーベルなどを持ち上げる事は、骨の成長によくありません。

また、早熟であると思春期が早く来てしまって、身長は伸びるラストスパートが早くきてしまい結果低身長のままになってしまいます。筋トレを過度にしたり、筋肉を大きくすることを目的とした筋トレにすると男性ホルモンの関係で早熟になってしまいがちです。ここはNGといえるでしょう。

 

適度な運動と適度な筋トレ

低身長だけでなくても必要ですが、運動の前には必ずストレッチをしましょう。運動による故障が防げますし、正しいフォームでの筋トレが望めます。正しいフォームのむやみやたらではない筋トレをすることは、しなやかな関節で肩関節や股関節と、柔らかい筋肉を作ることが目的となります。この柔らかいしなやかな身体というのは、この次にどのスポーツをするにしても必要な基本形です。

 

思春期からは一生分の筋肉を

中高生くらいになってくると、思春期もスパートがかかってきて、あきらかに身体の様子が大人への準備をしていきます。この時点でまだ男子ならヒゲなどが濃くないとか、思春期真っ盛りではない場合は、骨年齢にもよりますがまだスパートを迎える前なので、大事に乗り切っていきたいところです。

一方、思春期真っ盛り後半の高校生になると、ここで筋トレをしない手はありません。人間は年をとっても筋トレをしてもよいですが、中高生あたりで一生分の筋肉を作るというほど身体作りには必要な時期です。ここは、身体に負荷がかかり過ぎない形で、良い筋トレをどんどんして、ちょっとの背の低さなら気にならないくらいになっていたいものです。